妊活に【 シリンジ法 】があった!

妊活に【 シリンジ法 】があった!


「子供ができないの?!」

「いつできるの?」

・・・などと、お義母さんやお義父さんの声を聴きながら、ため息をつかれているのではないでしょうか?


お義母さんやお義父さん以上に子供が欲しいのは、ご夫婦と言うことをを分かって頂けない場合が多いようです。


ご夫婦ともに身体に異常が無ければ、いずれお子さんが授かると思いますが、子作りのタイミングを掴めていない場合も妊娠に漕ぎつけないことがあるようです。


そのような時には、不妊治療クリニックでも行われる方法を試されてはいかがでしょう?

その方法とは「シリンジ法」なのです!


下記をクリックしてご覧ください






妊娠しない!


避妊をしていないにも関わらず、1年以上に渡って妊娠しない状態を不妊と定義しております。


かつては2年以上妊娠しない場合を不妊としておりましたが、外国に合わせて1年以上と替わりました。


妊娠を希望する正常なカップルが膣内射精を行い、実際妊娠したのは6か月以内では65%ほどになり、1年では80%、2年では90%、3年では93が妊娠すると言われております。


しかし、不妊の原因が男性にある場合もありますし、女性に原因がある場合もあります。


さらに、妊娠適齢期を外れている方の場合はより妊娠が困難になると言うことになるでしょう。


大体、女性が45歳を超えると妊娠の可能性が無くなると言われていますが、それでも時として妊娠する女性もおります。



下記をクリックしてご覧ください






35歳を過ぎると妊娠できない?



35歳未満での妊娠は30%を超えるのですが、35歳を過ぎると20%までに下がると言うことですから、子供を望むご夫婦は34歳ころまでに妊娠するように努力をすべきでしょう。

・・・とはいっても、子作りが負担とおっしゃる人もおりますし、面倒と言う人もおられます。


翌日の大事な仕事に差し障るので控えていると言う人もおります。

また、痛みが伴うので嫌い、と言うこともあります。


家に帰ると直ぐお酒を飲んでしまうので、子作りしようとする時には役立たずになってしまうと言う人もおります。


つまり子作りにおいては、ご夫婦のタイミングが合わない場合には受精には至らないことが多くなると言うことになるでしょう。


子供を望むのでしたら、性交渉は必ず行わなければならないと言う考えが従来から続いてきておりますが、現代では人工授精が行われることも珍しくなくなりました。

それは不妊治療クリニックで行われることがほとんどなのです。

ところが、何と言うことでしょう!


自宅にいながら、ご自分で人工授精が出来るようになったようです。


もちろん、この方法は不妊治療クリニックでも行われている方法で、海外の不妊のお宅では実際行われていますから、何ら問題は生じないと考えます。


不妊治療を受けに行くための休みを取る面倒もありません

煩わしさもありませんから、子供ができない、妊娠しない女性は、自宅で行う「シリンジ法」を試してみてはいかがでしょうか?



下記をクリックしてご覧ください




自宅で簡単人工授精!!気軽にできる不妊治療【シリンジ法キット】